Sidewalk Astronomers - IYA and ISAN

Please add all your ideas, thoughts and plans concerning the International Year of Astronomy's different programs  - 100 Hours, Dark Skies Awareness, Universe Awareness, etc.

Sidewalk Astronomers - IYA and ISAN
Start a New Topic 
Author
Comment
山田英生:「恰幅がいい」は不健康の代名詞。

まずは体重の5%減量を目指しましょう。


 


 


 


 


メタボの元凶 内臓脂肪型肥満


 


 飽食の時代、肥満の人が増えてきました。特にお腹の周りに脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」が目立っています。「肥満なんてたいしたことはない」と軽く考えていたら、後で取り返しがつかなくなります。肥満からやがて高血圧症や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に陥り、さらに動脈硬化から最悪の場合は、心臓病や脳卒中など深刻な病を招く恐れがあるからです。メタボリックシンドロームの元凶である内臓脂肪型肥満を解消することが、健康長寿を目指すための第一関門といえるでしょう。老化と長寿研究の第一人者で、順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん(54)と山田英生・山田養蜂場代表(55)が、内臓脂肪型肥満の怖さとその解消法などについて語り合いました。


 


肥満は万病のもと


 


山田 最近、肥満の人をよく見かけるようになりました。昔は、太り気味の男性は「恰幅がいい」とか「押し出しがいい」などと頼りがいがある人の象徴のように言われたものです。ところが、今は逆に「メタボ、メタボ」と不健康の代名詞のように言われるようになり、肩身の狭い思いをしている人もいるのではないでしょうか。確かに肥満は、生活習慣病の原因の一つであり、特に内臓脂肪型肥満は、糖尿病や高血圧症、脂質異常症などと深く関わり、メタボリックシンドロームの元凶ともいわれています。


 


白澤 日本人の肥満も20年前に比べ、男性は1.5

Jul 8th, 2014 - 2:05 AM